ホホバオイルで天使の輪!その使い方とは?

スポンサードサーチ

ホホバオイルは万能ヘアオイル!

 

ドライヤー

 

ホホバオイルは肌のクレンジングや保湿に効果があるものとしても知られていますが、実は髪にも使用することができるのです。

 

髪のケアはバッチリ!という方でもパサつきやうねりなどで悩んだこともあるでしょう。

 

またたくさんのケア用品を使わないといけないので、コストも時間も手間もかかってしまいます。

 

そこでホホバオイルを使用してみましょう。

 

ホホバオイルには人の肌になじみやすという性質があるため、頭皮にも使用することができます。

 

髪の潤いを保つためにも頭皮ケアが重要となるので、ホホバオイルでの頭皮ケアもオススメです。

 

殺菌作用などもあるので、頭皮のニキビなどの炎症も抑えることが期待できるでしょう。

 

保湿成分が頭皮に働きかけると、頭皮の水分バランスが整い健康な髪が成長することができるのです。

 

またクレンジング効果もあるので毛穴に詰まった汚れも浮かし出すことができます。

 

他にもトリートメントとしても優秀で、乾燥してパサついた髪に潤いを与えてくれます。

 

濡れた髪に使用するとドライヤーの熱からも守ってくれるので、ダメージも軽減することができるのです。

 

ホホバオイルは頭皮から髪にまで全体的に使用することができる万能オイルなので、顔だけではなく髪のケアとしても使用してみましょう。

 

 

ドライヤーの熱による髪の傷み

 

洗髪をすれば必ずドライヤーで髪の毛を乾かしますが、その際に髪の毛は傷みます。

 

髪の毛はたんぱく質でできているため、熱にはとても弱い性質があるのです。

 

そのため柔らかい髪もドライヤーによって硬くパサパサになってしまうのです

 

お肉などのたんぱく質も火を通すと硬くなるというイメージです。

 

髪は潤いを保つことで柔らかさが出てきますが、熱により硬くなってしまったうえに水分まで蒸発してしまうので、さらにパサつきが出てしまうのです。

 

潤いが減少してしまった髪はキューティクルが開いてしまい、より傷つきやすくなりますし、枝毛ができてしまう原因となってしまいます。

 

またドライヤーによる髪の毛の傷みはどんどん蓄積されてしまいます。

 

そのためパーマやヘアカラーなどをしていなくても、髪の毛は傷んでしまうのです。

 

日々使用するものであるからこそ、使用には注意が必要なドライヤーですが、使用方法によってはダメージを軽減させこともできるのでちょっとした工夫も取り入れるようにしましょう。

 

できればドライヤー前後にも髪のケアを取り入れたりするのも傷みを軽減させる一つの方法です。

 

冷風などを併用して痛みの少ない乾かし方なども取り入れながら髪を守るようにしましょう。

 

 

ドライヤーの前後にホホバオイル

 

ドライヤーによる熱で髪はどんどん傷んでしまいますが、ドライヤーの前後にケアをすれば傷みを軽減させることもできるのです。

 

そのケア用品がホホバオイルです。

 

オホバオイルは髪のトリートメントにも役立つのですが、ドライヤーの前に使用すると髪を熱から守ってくれる働きを持っているのです。

 

ホホバオイルに含まれるワックスエステルという成分が髪を保護してくれるので、ヘアアイロンの使用の前にも使っておくと傷みが軽減されるでしょう。

 

使い方も簡単で、適度に髪の毛の水分をタオルで取り、髪の長さに合わせてベタつかない程度にホホバオイルを手でなじませます。

 

あとはドライヤーをするだけ、一手間といっても特に手間はかかっていません。

 

またホホバオイルはドライヤーの前だけではなく後にも使うとより傷みを和らげることができます。

 

ドライヤーが終わった後に、再度適量を髪になじませておくと髪のパサつきを抑えることができます。

 

ホホバオイルは髪を守るだけではなく保湿効果も優れているのです。

 

そのため髪を保湿し水分の蒸発を防いでくれるので、ドライヤーの後でも潤った髪を作り上げてくれるのです。

 

このように毎日使うドライヤーの悩みもホホバオイルで解決することができるのです。

 

綺麗な髪を作るのもホホバオイルは大活躍してくれるので、今まで市販のケア剤などでも効果が見られなかったという方もぜひ試してみましょう。

 

 

 

スポンサードサーチ