ホホバオイルを使えば毛穴の汚れがごっそり取れる!

スポンサードサーチ

ホホバオイルで毛穴の角栓が面白いほど取れる

 

毛穴

 

鼻や頬の周りの毛穴が角栓によって目立っているけど、押し出すことや毛穴パックしか綺麗にできる方法はないのでしょうか。

 

毛穴の角栓には押し出すことや毛穴パックよりもホホバオイルが効果的です。

 

ホホバオイルは古い角質を柔らかくする働きがあります。

 

肌が柔らかくなると毛穴も柔らかくなるため開きやすくなります。

 

そしてホホバオイルが毛穴の奥まで届いて角栓を浮かせることができるのです。

 

汚れを浮かし出す力が強いため必要以上にこする必要がありません。

 

ゆっくりと優しくマッサージをするようになじませていくと、角栓は面白いほど取れていくのです。

 

ただ毛穴が閉じた状態では浮かせにくくなる場合もあるので、ホホバオイルを使用する前には顔全体を蒸しタオルなどで温めて毛穴を開いておくとより効果を実感することができるでしょう。

 

強い力ではなくても自然と角栓を浮かせてくれるホホバオイルでのクレンジングでは、使用後にしっかりスキンケアを行えば毛穴が開いたりすることもありません。

 

毛穴パックや角栓を無理に押し出したりすると、毛穴がこじ開けられてしまうのでスキンケアしても戻らない場合があります。

 

毛穴スッキリの美肌にするためにもパックなどの使用はやめて、ホホバオイルで角栓をすっぽりとってしまいましょう。

 

 

マッサージ方法

 

ホホバオイルでクレンジングすると肌の角栓を綺麗に取ることができます。

 

方法も簡単なので、肌をマッサージしていると思いながらやってみましょう。

 

まずホホバオイルを手のひらに500円玉ぐらいの大きさを取ります。

 

それから顔全体に優しくなじませます。

 

なじませたら指の腹でおでこの部分を優しくマッサージしていきます。

 

その時円を描くようにくるくるとマッサージしていくと良いでしょう。

 

時々円の方向を変えるのも良いですね。

 

次に鼻の周りも指の腹で優しく円を描くようにマッサージします。

 

強く早くこすらないように注意しましょう。

 

そして頬や顎の周りは手のひらを使うようにしましょう。

 

手のひらで優しくゆっくりと円を描いて汚れを浮かせるようなイメージでマッサージしていきます。

 

手のひらや指に小さなポツポツしたものが付いていればそれは角栓で、しっかり取れているということになります。

 

クレンジングをするというよりも顔全体を優しくこまめにマッサージしてあげるというイメージで行うことが大切です。

 

マッサージの前に蒸しタオルなどをすればより角栓も取れやすくなります。

 

一度で綺麗になる場合もありますが、回数を重ねないと取れない角栓もあります。

 

じっくり優しくホホバオイルでマッサージして角栓を取り除きましょう。

 

 

角栓はなぜできるのか

 

毛穴の黒いポツポツ、気がつけば目立っていることもあり、女性にとっては迷惑なものでしかありません。

 

ですがなぜ角栓はできてしまうのでしょうか。

 

角栓は皮脂と角質が混ざったものであり、毛穴の中に溜まってしまうものなのです。

 

特に落としきれなかった汚れが含まれる場合があり、その場合ニキビなどの炎症を起こしてしまう可能性もあるのです。

 

この角栓ができる理由は乾燥・皮脂の多さ・古い角質に加えファンデーションなどの汚れが原因となっています。

 

まず乾燥肌になると潤いを肌が保とうという働きが起きるので、皮脂が過剰に分泌されます。

 

また肌の状態も硬くなってしまい毛穴が開きにくくなってしまうのです。

 

毛穴が開きにくくなることで皮脂や汚れがそのまま毛穴にとどまり角栓となります。

 

皮脂量が多い場合も同じく、余分な皮脂が多くなるため毛穴にたまりやすくなってしまうのです。

 

またファンデーションの汚れも毛穴を塞ぐ原因となり、皮脂や古い角質とともに混ざり合って固まるため、毛穴に詰まり出にくい状態となるのです。

 

しっかりクレンジングをしたと思っていても、毛穴が硬く閉じていれば角栓は落ちませんし、さらに詰まってしまう場合もあります。

 

まずは皮脂量のコントロールや乾燥の予防、そして化粧の落とし方などを見直して角栓ができにくくなる肌環境を作れるようにしましょう。

 

 

スポンサードサーチ