ナイトキャップできれいな髪をキープ

スポンサードサーチ

ナイトキャップはかぶって寝るだけで驚きの艶髪

 

ナイトキャップ

 

パサついた髪はナイトキャップを使用することで驚きの艶髪にすることが可能となります。

 

夜、寝る時にかぶるナイトキャップですが、元々は寒さをしのぐために使用されていたとされています。

 

その防寒目的で使用され始めたナイトキャップをかぶって寝るだけで、驚きの艶髪を手に入れることができるのはどうしてでしょうか?

 

それは、摩擦や乾燥などから頭皮や髪を守ってくれるからです。

 

寝ているときは知らない間に寝返りをし、目覚めたときに寝始めた時と違う向きになっている経験は誰にでもあるでしょう。

 

その寝ている間の寝返りで髪の毛同士が擦れあい、髪にダメージを与えて傷みやパサつきの原因になっています。

 

朝、起きた時に抜け毛があるときや、その抜け毛が切れ毛になっていたり枝毛になっていたりすれば髪は傷んでいます。

 

こうした摩擦による髪の傷みはナイトキャップをかぶることによって摩擦を防ぐことができ、更に保湿効果によって乾燥も防いでくれます。

 

それに、通気性や吸汗性、発散性に優れたナイトキャップをかぶることで、暑い夏の夜は汗も吸収するので頭皮環境を悪くさせることもありません。

 

それと、髪が長い人はナイトキャップにまとめて入れておくことができますので、顔や首筋などに髪が纏わりつかないから快適に寝ることができます。

 

髪の成長に大切な睡眠もしっかりとれるのも良いことです。

 

このようなことからも分かるように、ナイトキャップはかぶって寝るだけで艶髪を手に入れることができますので、髪が傷んで艶がなくて悩んでいる人は試してみると良いでしょう。

 

 

意外とやりがちな髪を傷めるNG行動

 

髪を傷める行動は知らない間に行っていることがあります。

 

その髪を傷める行動の中でも意外とやりがちなNG行動は、無理なブラッシング、ドライヤーの使い過ぎ、濡れた髪で寝る、洗髪の時に熱すぎるお湯を使う、洗髪方法、強すぎるタオルドライ、ドライヤーの当て方などです。

 

気にせず毎日行っている行動があれば注意が必要です。

 

無理なブラッシングは濡れたままの髪にブラッシングすることやブラシを使う時の方向です。

 

髪をとかすときに根元から毛先に向かって力強くブラッシングするのはキューティクルを剥がしたり浮き上がらせたりするので良くありません。

 

濡れた髪にブラッシングするのも髪を傷める原因になり、濡れている髪は特に摩擦や引っ張りに弱いからです。

 

ドライヤーの使い過ぎは髪を形成するタンパク質の弾力性を奪ってしまい、さらに熱と摩擦によってキューティクルを剥がしてしまいますので、ドライヤーは適度に使用するようにしましょう。

 

また、ドライヤーを下から当てるとキューティクルが逆立ってパサつきや広がりの原因となりますので上から下に向けてあてるようにしましょう。

 

髪の毛が濡れたまま寝るのはNG行動となり、水分を含んでいるときはキューティクルにわずかな隙間がありますので傷みやすい状態になっています。

 

その状態で寝ると摩擦でキューティクルが剥がれ落ちますし、枕に水分がついて雑菌を繁殖させて頭皮に悪影響を及ぼします。

 

熱すぎるお湯で髪をすすぐとキューティクルが立ち上がって剥がれ落ちやすくなりますし、髪の膨らみの原因になってまとまりにくくなります。

 

洗髪方法で気を付けたいのが爪でゴシゴシ洗わないことです。

 

頭皮環境が悪くなるのは勿論のこと、髪が絡まってキューティクルを壊してしまいますし、毛先をゴシゴシすることで切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。

 

タオルドライは安心だからといって行っている人は多くいるでしょうが、タオルでゴシゴシする強すぎのタオルドライは髪を傷める原因となりますので、タオルで髪を挟んだり軽くトントンと叩く感じで水分をとるようにしましょう。

 

このようなNG行動に気を付けて大事な髪を傷めないようにしてください。

 

 

就寝時も髪は傷む

 

様々な刺激や熱などによって髪は傷んでしまい、艶のないパサついた髪になってしまうことがあります。

 

艶のないパサついた髪はいい印象を抱いてもらえませんのでマイナス効果にもなってしまいます。

 

また、人間の頭の重さは体重の約10%も占めていますので、寝ているときの知らない間に行っている寝返りだけでも髪には大きな負担となります。

 

これによって髪と髪が擦れあったり枕によって摩擦が生じ、就寝時でも髪が傷んでしまうのです。

 

 

シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かす?

 

シャンプー後にすぐ髪をドライヤーで乾かすのは良くありません。

 

濡れた髪はキューティクルが開いて傷みやすい状態にあるからです。

 

キューティクルが開いた状態でドライヤーで乾かすと、髪内部にあるタンパク質や保湿成分が抜け出して傷んだりパサついた髪になってしまいます。

 

ですので、シャンプー後は軽くタオルドライしてからドライヤーで乾かすようにしましょう。

 

また、ドライヤーで乾かすときは髪から30センチくらい離すようにしてください。

 

スポンサードサーチ