シャンプーで髪が変わる!

スポンサードサーチ

きれいな髪を育てるにはシャンプー選びが大切!

 

シャンプー

 

頭を守るための髪の毛ですが、今ではそれ以上に大切なものとして扱われるようになっています。

 

特に一番は見た目に影響する髪の毛、だからこそ綺麗な髪の毛を維持したいと思う方も少なくはありません。

 

そして綺麗な髪を維持するためには、やはりシャンプーの選び方で大きく影響してくるのです。

 

シャンプーは洗うための石鹸だから、影響なんてないと思う方もいるでしょう。

 

ですがシャンプーだけで髪の状態は大きく変化します。

 

綺麗な髪になりたい!と思っている方は、まずシャンプーから見直すようにしましょう。

 

シャンプーが髪に影響する理由は頭皮と関係があります。

 

頭皮にとってあまりよくない成分を使用していれば、育つ神にも影響が出てくるのです。

 

頭皮環境を整えられるようなシャンプーを選ぶことで、綺麗な髪も育つことができるのです。

 

何をやっても髪が綺麗にならない、そう感じているのであれば今使っているシャンプーから見直すと良いでしょう。

 

ここ最近ではシャンプーの品質もとてもよくなっており、頭皮のことを考えて作られたようなものもたくさんあります。

 

どんなシャンプーが髪に良いか、綺麗な髪の毛を育てることができるのか、しっかりと成分などをチェックして選ぶようにしましょう。

 

シャンプー選びに迷ったら、こちらをご覧ください→間違いだらけのシャンプー選び

 

 

髪に悪いシャンプー

 

 

綺麗な髪を育てるためには、シャンプー選びがとても重要となります。

 

そして髪に良いシャンプーを選ばなければならないのですが、逆に髪にとって悪いシャンプーとは一体どのようなシャンプーなのでしょうか。

 

髪に悪いシャンプーとは頭皮に悪い影響を与えるシャンプーでもあります。

 

髪を育てているのは頭皮でもあります。

 

綺麗な髪を育てるためにはシャンプーだけでなく、他のケアも重要ですが、まずは頭皮を健康にしていなければ綺麗な髪は育ちません。

 

そして頭皮に影響を与えるシャンプーといえば、最近でも話題になっているシリコンシャンプーです。

 

シリコンは髪をコーティングしてくれるので、摩擦の軽減で傷みから保護してくれるのですが、頭皮に膜を作るため毛穴が詰まり髪の成長に大きく影響します。

 

また洗浄力が強いシャンプーも注意が必要です。

 

洗浄力が強いと頭皮に必要な皮脂を根こそぎ取り除いてしまい、肌は乾燥状態に。

 

そしてその乾燥状態を改善しようと皮脂が過剰に分泌され、結果的に油っぽい頭皮となり毛穴も詰まりやすくなってしまうのです。

 

このようにシリコンシャンプーや洗浄力の強い成分が含まれるシャンプーは、髪にとって悪いシャンプーといえます。

 

それぞれに使用感などでメリットがあると感じるかもしれませんが、綺麗な髪を育てたいのであれば、これらのシャンプーは使用しないようにしましょう。

 

 

おすすめシャンプー

 

 

シャンプーを変えることで綺麗な髪を育てることができますが、どのようなシャンプーを選べば良いのでしょうか。

 

まず髪を育てるためにポイントとしては、ノンシリコンであることや頭皮に優しいことです。

 

おすすめシャンプーとしてはノンシリコンシャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

ただノンシリコンが全て良いわけではありません。

 

できるだけ頭皮に優しい成分を選ぶ必要もあります。

 

特にアミノ酸系のシャンプーは頭皮にも優しいと評判があります。

 

アミノ酸は低刺激で肌に優しいと言われています。

 

また洗浄力も優しため、必要な皮脂を落としすぎることがありません。

 

ノンシリコンで、しかもアミノ酸系であれば髪にとっても良いので、おすすめのシャンプーです。

 

またそれだけではなく、含まれている他の成分にも自然の成分を使用しているシャンプーもおすすめです。

 

シャンプーも肌に直接使用するものですので、化粧品と同じく化学薬品の使用は避けたいですよね。

 

シャンプーも種類がたくさんあり、値段も様々なためどのようなシャンプーを選べば良いかわからないこともあるでしょう。

 

ですがシンプルに、使用している成分の一部でもこだわりを持つだけで、頭皮の傷みや髪に対してしっかりと改善が見られるようになるでしょう。

 

まずはこれらのおすすめの成分のシャンプーをお試しなどで使用して、様子を見ながら自分に合うシャンプーを選びましょう。

 

 

洗い方

 

 

髪にとって良いシャンプーを選んだことで、綺麗な髪を育てることができます。

 

ですがそれは洗い方によっても大きく影響されるので注意しておきましょう。

 

洗い方が関係しているのは、肌に優しい成分を選んでいることもポイントとなっています。

 

肌に優しいということは、洗浄力も優しいと考えられます。

 

そのため正しい洗い方でなければ、汚れを落としきれず、頭皮が汚れたままで綺麗な髪も育ちません。

 

では正しい洗い方とはどのような方法でしょうか。

 

まずシャンプーをする前に髪をしっかりとかし、その後たっぷりお湯で濡らしましょう。

 

髪が十分に濡れたら、シャンプーを手に取りしっかり泡立てます。

 

泡立てずにそのままの状態で髪につけると、シャンプーの洗い残しの原因になります。

 

そして指の腹を使って泡で頭皮を洗うのです。

 

爪を立てたり、ゴシゴシこすったりすると傷つけてしまうため、できるだけ優しく洗いましょう。

 

そして髪の根元から毛先にかけて泡をなじませて、髪の毛をこすり合わさないように洗いましょう。

 

すすぎもしっかり行い、シャンプーが頭皮に残らないようにします。

 

このように洗い方一つで頭皮も綺麗になりますし、ダメージを受けることもなく健康で綺麗な髪を育てることができるようになります。

 

シャンプー選びと洗い方、この2点に注意して、綺麗な髪を育てましょう。

 

 

スポンサードサーチ